データマネジメントの考え方・3つの視点

データマネジメントの捉え方

データのライフサイクルの各工程において発生する様々な形の“関与”

3つの視点

①データマネジメントについて確立した定義は存在しない

  • 他の機関等において整理されたデータマネジメントの定義を持ち込むのではなく、CPSFを基礎としてセキュリティ対策を検討するために必要なデータマネジメントの考え方を示す。

②データを軸に置く

  • データがライフサイクルの各工程においてどのような関与を受けるかという視点で整理すべき。

③関与する主体は同一

  • 単一の主体に限られるものではない
  • データマネジメントは複数の主体による協同的活動(Collective Action)になることを排除しない。例:クラウドサービス
データマネジメントの考え方・3つの視点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る