エビデンス全般

バイオバンク・ジャパン(BBJ)

バイオバンク・ジャパンとは

オーダーメイド医療実現化プロジェクト(第1期・第2期)

2003年4月に文部科学省の委託事業として開始したオーダーメイド医療実現化プロジェクト(第1期・第2期)では、47種類の病気の方を対象に研究が行われ、全国の約20万人の患者さんが参加協力された。

オーダーメイド医療の実現プログラム(第3期)

オーダーメイド医療の実現プログラム(第3期)は2013年4月に開始し、38種類の病気の方を対象に、全国から約6万人の患者さんが参加協力された。

2018年3月末をもちまして、オーダーメイド医療の実現プログラム(第3期)は終了となった。

バイオバンク・ジャパンの承継

バイオバンク・ジャパンでは、第1期から第3期にかけて構築されたバイオバンクを継承した。これまで保有してきた試料、臨床情報、ゲノムデータの利活用を促進し、活用されるバイオバンクとして管理・運営を行っている。

また、他のバイオバンクとの連携も視野に入れられている。

バイオバンクとは

バイオバンクとは、一般の方々や患者さんからご提供いただいたDNA、血清などを保管する倉庫とデータベースのことです。

-エビデンス全般

© 2021 Real-World Data/Evidence website