エビデンス全般

いまさら聞けない?疫学の基礎ーその8「発生率の計算方法」

その7では「曝露因子の測り方」を見ました。その8では、アウトカムの方を見てみましょう。

前回はこちら。

いまさら聞けない?疫学の基礎ーその7「曝露因子の測り方」

 

発生率とは?

発生率とは、一定期間において、何らかのイベントが発生した数、というものを学問っぽく表現したものです。

もう少しちゃんと表現すると、「ある集団において、そのイベントがどの程度の速さで発生するのか」を表現したものが発生率です。

ものすごい極端な例でいうと、「100万人の集団において、インフルエンザで寝込む人は、1年間観察したら50万人だった」なんて情報があったら、「あ、これから1年間で、多分2人に1人はインフルエンザで寝込むんだろうな。少なかったらラッキー。」と思いますよね?え、思わない?そうですか。でも、そう思う人もいます。

重要なのは、「新しくそのイベントが起きた事例」がカウントされている、というところです。「1人1回まで」が発生率(incidence rate)の大原則です。

英語では、Incidence rate(インシデンスレート)と表現されます。

IT業界でも、インシデントというと、何らかの「やばいこと、よくないことが起きた」という意味で使われるようですが、ヘルスケア業界においても、インシデンス、インシデントというのは「やばいこと、よくないことが起きた」ときに使われます。

ヘルスケア系の研究をしている人は、大部分が「健康にとってあまりよくないこと」について研究しているでしょうから、それは自然なことでしょう。

発生率ってどうやって計算するの?

発生率の概念はなんとなく感じ取って頂けたでしょうか。もう少し具体的に考えた方が分かりやすいと思うので、仮想的な状況を考えてみます。

特定の感染症の名前を出すのはよくないので、「感染症A」としてみましょう。

とある町(ETARO Town)にて、40000人中、感染症Aにかかったという報告数は50000件だった(2020年1月1日~2020年12月31日調べ)。

さて、このような場合、ETARO Townにおける、感染症Aの発生率はどうなるでしょうか。

非常に単純な計算式で、50000 [件] ÷40000 [人年]=1.25 [件/人年] が、2020年におけるETARO Townの感染症Aの発生率となります。

1.25 [件/人年] って何だ?となるかもしれませんが、[件/人年] という概念に慣れる必要があります。

そもそも、同じ人を1年間ずーーーーーっと追跡できるという状況自体が「普通ではない(=異常)」という前提に立つ必要があります。

1年くらいなら同じ場所に住んでいるかもしれませんが、10年、20年というスパンで考えたらどうでしょうか。

アクティブな人だと、数年単位で居住地が変わっていたりしませんか?

国をまたぐと、現状、健康関連の情報(罹患歴、治療歴なども含む)は容易に国をまたげないという状況があります。

同じ国でも、市町村ですら跨げていない情報もあるかもしれませんね。非常に変なことですが。

ま、そんな具合で「ETARO Townにおける、感染症Aの発生率」は計算されます。単位は [件/人年] です。

ETARO Townに住んでいると、とある人を1年間観察すると、1.25件の感染症Aの発生が観察できる、という意味ですね。

そうすると、ETARO Townに住む人は、1年あたり1.25回、感染症Aにかかることを覚悟する必要があることになります。

ETARO Townにはちょっと住みたくないかもですね。感染症Aがどんなものなのかわからないですが、無症状ではないでしょうし。

まとめ

本記事を最後まで読んでくださった方に持ち帰って頂きたいのは、発症率という概念において、分母と分子の単位は揃うことは絶対ない、という点です。

一定の観察期間における発生数、というのが発生率の考え方なので、単位は [件/人年] だったり、[人/人年] (=[/年]?) といったものになり得ます。

ヘルスケア業界は、今後10年ほどは治験畑出身の方がメインストリームであり続けると思うので、そういった方々には馴染みの薄い概念になります。

-エビデンス全般

© 2021 Real-World Data/Evidence website