エビデンス全般

EQ-5Dとは

EQ-5Dの概要

  • 健康関連QOLを測定するために開発された包括的な評価尺度である。
    • 自己記入式。
    • 5項目の質問で構成される。
    • 標準化された質問で構成されるため、各国が独自に質問を加えることはできない。
    • 回答結果をもとに「完全な健康=1」「死亡=0」と基準化された健康状態のスコアが算出可能。
  • 1987年に設立されたEuroQol グループが開発した。
    • ヨーク大学、ブルネル大学、ミドルセックス病院、エラスムス大学、フィンランド 国立公衆衛生研究所、ヘルシンキ大学、スウェーデン医療経済研究所、ノルウェー国立公衆衛生研究所
  • 100以上の言語バージョンが存在し、世界各国で用いられている。
  • 日本語版は、2001年に研究者によって開発され、調査研究等で使用されている。
  • 換算表は、EuroQol本部(所在:ロッテルダム)が定める共通の方法を用いて、各国での調査に基づき、それぞれの国で独自に作成される。

EQ-5D日本語版

  • 移動の程度
    1. 歩き回るのに問題はない
    2. 歩き回るのに少し問題がある
    3. 歩き回るのに中程度の問題がある
    4. 歩き回るのにかなり問題がある
    5. 歩き回ることができない
  • 身の回りの管理
    1. 自分で身体を洗ったり着替えをするのに問題はない
    2. 自分で身体を洗ったり着替えをするのに少し問題がある
    3. 自分で身体を洗ったり着替えをするのに中程度の問題がある
    4. 自分で身体を洗ったり着替えをするのにかなり問題がある
    5. 自分で身体を洗ったり着替えをすることができない
  • • ふだんの活動(例:仕事、勉強、家族・余暇活動)
    1. ふだんの活動を行うのに問題はない
    2. ふだんの活動を行うのに少し問題がある
    3. ふだんの活動を行うのに中程度の問題がある
    4. ふだんの活動を行うのにかなり問題がある
    5. ふだんの活動を行うことができない
  • 痛み/不快感
    1. 痛みや不快感はない
    2. 少し痛みや不快感がある
    3. 中程度の痛みや不快感がある
    4. かなりの痛みや不快感がある
    5. 極度の痛みや不快感がある
  • 不安/ふさぎ込み
    1. 不安でもふさぎ込んでもいない
    2. 少し不安あるいはふさぎ込んでいる
    3. 中程度に不安あるいはふさぎ込んでいる
    4. かなり不安あるいはふさぎ込んでいる
    5. 極度に不安あるいはふさぎ込んでいる

参照

-エビデンス全般

© 2021 Real-World Data/Evidence website