エビデンス全般

エビデンスピラミッド と リアルワールドエビデンス

2020年7月4日

こんにちは。E太郎(Evidence太郎)です。
今回は「エビデンスピラミッドとリアルワールドエビデンス」の関係についてご紹介したいと思います。

まず、GRADEシステム(グレードシステム)って何ぞや、という点から簡単に振り返ります。

簡単に言うと、GRADEシステムとは「エビデンスの質と、どの程度、とある診療行為が推奨できるかの度合いを系統的に順位付けする方法です。システマティックレビューや診療ガイドラインの作成および理解のための、業界標準のような位置づけです。エビデンスピラミッド、という言葉を耳にしたことのある方も少なくないでしょう。

では、リアルワールドエビデンスという「エビデンス」は、いったいこのエビデンスピラミッドのどのあたりに位置するのか。

色々な考えもありますが、一般的には「観察研究(非介入研究、Non-interventional study)」の部分に該当します。特に医師・看護師・薬剤師・ヘルスケアプロフェッショナルの方々の医療行為に特殊な縛りや制限を課すことなく、日常診療(リアルワールド)の範囲で集められた情報(データ)を用いて作られたエビデンス、ということになります。

リアルワールドエビデンスとは一体何なんだ?という部分にも密接にかかわる部分なので、また詳しく取り上げます。

 

それでは、また。

-エビデンス全般

© 2021 Real-World Data/Evidence website