エビデンス全般

イベルメクチンはCOVID-19の予防・治療に使うべきではないーFDA, EMA, WHOの見解

イベルメクチンはCOVID-19の予防や治療に使うべきではないという声明についてまとめました。

FDAの見解

FDAのイベルメクチンに対する見解は、Why You Should Not Use Ivermectin to Treat or Prevent COVID-19 というFDAのサイトから閲覧できます。

"COVID-19により失われた命の数を思えば、FDAの認可を受けていない型破りな治療法に目を向けてしまう消費者が一部存在するのも不思議ではないかもしれない" という枕詞に始まり "FDAが承認していないCOVID-19の治療法を使用することは、臨床試験の一環でない限り、重大な損害をもたらす恐れがある" と注意喚起しています。前段に述べられている具体的事例としては "馬用のイベルメクチンを自己投与した結果、医療支援が必要となり入院した患者の報告が複数寄せられている" と紹介されています。

その他、イベルメクチンについて知っておいてほしいこと、イベルメクチンとはどんなものでどう使うか、イベルメクチンの服用が危険なのはどんなときか、動物用イベルメクチン製剤と人間用イベルメクチン製剤の違い、について書かれています。

イベルメクチンについて知っておいてほしいこと(FDAサイトより)

FDAは、ヒトにおけるCOVID-19の治療または予防のためのイベルメクチンを承認していません。イベルメクチンの錠剤は、いくつかの寄生虫に対して非常に特殊な用量で承認されており、アタマジラミや酒さのような皮膚疾患のための局所(皮膚)製剤があります。イベルメクチンは、抗ウイルス剤(ウイルスを治療する薬)ではありません。

この薬を大量に服用することは危険であり、深刻な被害を引き起こす可能性があります。

イベルメクチンの処方箋を持っている場合は、合法的な供給元から入手し、処方箋通りに服用してください。

動物用の薬を自分に使ってはいけません。動物用のイベルメクチン製剤は、人間用に承認されたものとは大きく異なります。

FDA イベルメクチンとはどんなものでどう使うか(FDAサイトより)

イベルメクチンの錠剤は、寄生虫によって引き起こされる腸内ストロンギロイディ症とオンコセルカ症の治療薬としてFDAから承認されています。また、イベルメクチンの外用剤(皮膚に塗布するタイプ)の一部は、アタマジラミなどの外部寄生虫の治療や、酒さなどの皮膚疾患の治療に承認されています。

イベルメクチンの一部は、動物の心筋梗塞や特定の内部および外部寄生虫の予防に使用されています。これらの製品は人間用のものとは異なり、動物用の処方箋通りに使用した場合のみ安全であることに留意する必要があります。

江藤先生
人間も動物の一つでしょう、という屁理屈は通じません。体内の構造の違い、体重や体表面積の違い、そしてそれらに基づく薬物動態(薬を服用した後の体内での成分の動き方、処理のされ方など)が全く違うので、Human と Animal は明確に異なります。

イベルメクチンの服用が危険なのはどんなときか(FDAサイトより)

FDAは、COVID-19の治療または予防のためにイベルメクチンをCOVID-19の患者に使用することを支持するデータを検討していませんが、いくつかの初期研究が進行中です。承認されていない用途で薬を服用することは非常に危険です。これは、イベルメクチンにも言えることです。

誤った情報が多く、イベルメクチンを大量に摂取しても大丈夫だと聞いたことがあるかもしれません。それは間違いです。

承認された用途のためのレベルのイベルメクチンであっても、血液凝固剤のような他の薬と相互作用する可能性があります。また、イベルメクチンを過剰摂取すると、吐き気、嘔吐、下痢、低血圧(血圧低下)、アレルギー反応(かゆみやじんましん)、めまい、運動失調(バランスの問題)、痙攣、昏睡、さらには死に至ることもあります。

動物用イベルメクチン製剤と人間用イベルメクチン製剤の違い(FDAサイトより)

まず、動物用医薬品は、馬や牛などの大型動物に使用されるため、高濃度のものが多いです。馬や牛の体重は人間の体重よりも重く、1トン以上もあります。このような高濃度の投与は、人間には非常に有害です。

また、FDAの審査は、有効成分の安全性や有効性だけでなく、非活性成分についても行われます。動物性食品に含まれる多くの不活性成分は、人間への使用が評価されていません。あるいは、人に使われるものよりもはるかに多く含まれています。場合によっては、それらの非活性成分がイベルメクチンの体内吸収にどのような影響を与えるかわからないこともあります。

COVID-19の感染拡大を抑制するための効果的な方法は、引き続き、マスクの着用、同居していない人から6フィート以上離れること、頻繁に手を洗うこと、人混みを避けることです。

EMAの見解

EMAのイベルメクチンに対する見解は、EMA advises against use of ivermectin for the prevention or treatment of COVID-19 outside randomised clinical trials Why You Should Not Use Ivermectin to Treat or Prevent COVID-19 というEMAのサイトから閲覧できます。2021年3月22日付の記事です。

江藤先生
イギリス英語なので、randomizedではなくrandomisedとなっていますね。今はそこは重要ではないですね。

EMAは、COVID-19の予防および治療のためのイベルメクチンの使用に関する最新のエビデンスを検討した結果、入手可能なデータでは、十分にデザインされた臨床試験以外でのCOVID-19への使用は支持されないと結論付けています。

EUでは、イベルメクチン錠剤が一部の寄生虫感染症の治療に、イベルメクチン皮膚製剤が酒さなどの皮膚疾患の治療に承認されています。また、イベルメクチンは、幅広い動物種の内部および外部寄生虫に対する動物用医薬品としても承認されています。

EUでは、イベルメクチン医薬品はCOVID-19での使用は認可されておらず、EMAはそのような使用の申請を受け取っていません。

江藤先生
2021年3月22日時点では、EMAでは、イベルメクチンのCOVID-19使用目的の申請を受け取ってもいないということですね。
佐藤さん
COVID-19の騒ぎが本格化してから1年以上経った今でもまだ申請を受けていないってことだけど、今後出てくるのかな?
江藤先生
まあ普通に考えたら、現時点で申請されていないということは、今後もEMAへ申請される可能性はあまり高くないでしょうね。

イベルメクチンの使用に関する最近のメディア報道や出版物を受けて、EMAは実験室での研究、観察研究、臨床試験、メタアナリシスから得られた最新の公表エビデンスを検討した。実験室での研究では、イベルメクチンがSARS-CoV-2(COVID-19の原因ウイルス)の複製を阻止できることがわかりましたが、現在認可されている用量で達成される濃度よりもはるかに高いイベルメクチン濃度が必要でした。臨床試験の結果は様々で、有益性がないとする研究もあれば、有益性があるとする研究もありました。EMAがレビューしたほとんどの研究は小規模なものであり、異なる投与法や併用薬の使用など、さらなる制限がありました。そのためEMAは、現在入手可能なエビデンスでは、臨床試験以外でCOVID-19にイベルメクチンを使用することを支持するには十分ではないと結論付けました。

イベルメクチンは他の適応症で認可されている用量では一般的に良好な忍容性を示しますが、ウイルスに有効な肺内のイベルメクチン濃度を得るために必要とされるはるかに高い用量では、副作用が増加する可能性があります。したがって、承認されている用量よりも高い用量でイベルメクチンを使用した場合の毒性は否定できません。

江藤先生
薬は身体に対して一つだけの効果を持つということはまず無く、複数の効果を及ぼします。それを便宜上、良い側面を「有効性」、悪い側面を「安全性」などという括りで評価しています。薬に限らずどんなものも摂取しすぎると身体に悪い影響を及ぼし始めるので適度な量というものがありますが、この文章ではその適度な量を超えないとウイルスに効かないということが述べられています。専門用語を使うと、最大耐用量(maximum tolerated dose, MTD)を超えてしまうということです。

したがって、EMAは、COVID-19の予防または治療のためにイベルメクチンを使用することは、統制された臨床試験以外では現時点では推奨できないと結論づけています。本製品がCOVID-19の予防・治療に有効かつ安全であるかどうかの結論を出すためには、さらなるデザイン性の高い無作為化試験が必要です。

本EMA公衆衛生声明は、COVID-19の予防および治療におけるイベルメクチンの使用に関する継続的な議論を踏まえ、COVID-19 EMAパンデミックタスクフォース(COVID-ETF)によって承認されています。

WHOの見解

WHOのイベルメクチンに対する見解は、WHO advises that ivermectin only be used to treat COVID-19 within clinical trials というWHOのサイトから閲覧できます。2021年3月31日付の記事です。

COVID-19患者の治療にイベルメクチンを使用することに関する現在のエビデンスは決定的ではありません。より多くのデータが得られるまで、WHOはこの薬剤を臨床試験内でのみ使用することを推奨しています。

この推奨は、重症度を問わずCOVID-19患者に適用されるもので、現在、WHOのCOVID-19治療に関するガイドラインの一部となっています。

イベルメクチンは幅広いスペクトルを持つ抗寄生虫剤で、いくつかの寄生虫疾患に対してWHOの必須医薬品リストに含まれています。オンコセルカ症(河川盲目症)、ストロンギロイディ症、その他の土壌伝染性蠕虫症の治療に使用されます。また、疥癬の治療にも使用されています。

COVID-19の治療薬としてイベルメクチンが国際的に注目されていることを受けて、ガイドライン作成グループが招集されました。このグループは、独立した国際的な専門家パネルで、複数の専門分野の臨床ケアの専門家を含み、さらに倫理学者と患者-パートナーを含んでいます。

本グループは、COVID-19の入院患者と外来患者を含む16の無作為化比較試験(登録者総数2407名)のプールデータをレビューしました。その結果、イベルメクチンがCOVID-19患者の死亡率、人工呼吸の必要性、入院の必要性、臨床的改善までの時間を減少させるかどうかに関するエビデンスは、規模が小さいこと、イベント数が少ないことなど、入手可能な試験データの方法論的な限界により、「確実性が非常に低い(very low certainty)」であると判断しました。

なお、本委員会は、現行のガイドラインの範囲外であるCOVID-19の予防のためのイベルメクチンの使用については検討していません。

江藤先生
WHOが出しているのは治療ガイドラインだから、予防については範疇外ということで検討対象外だったようですね。

まとめ

少なくとも現時点でFDAとEMA、WHOは「COVID-19に対するイベルメクチンの使用は、臨床試験以外では使うべきではない」という姿勢で共通しています。

日本の当局からのメッセージはまだ確認できていませんが、FDAとEMAが出しているので近いうちに似たようなメッセージが出てくるかもしれません。

-エビデンス全般

© 2021 Real-World Data/Evidence website