統計学

Rの始め方「オブジェクトの使い方」

オブジェクトとは

Rにおけるオブジェクトとは、変数やデータのかたまりなどのことを指します。

数学で「xに5を代入する」というケースがありますが、そのイメージに近いです。

具体的に使い方を見てみましょう。

オブジェクトの使い方

オブジェクトaに1+3+5+7+9の結果を代入する

a <- 1+3+5+7+9

オブジェクトbに2+4+6+8+10の結果を代入する

b <- 2+4+6+8+10

オブジェクトcにa+bの結果を代入する

c <- a+b

オブジェクトdにa*bの結果を代入する

d <- a*b

オブジェクトeにa/bの結果を代入する

e <- a/b

まとめ

R/RStudioにおけるオブジェクトについて初歩的な事例を紹介しました。

代数学における代入と似た感覚です。色々遊んでみましょう。

-統計学

© 2022 Real-World Data/Evidence website