ビジネス全般

環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定

TPP11協定(訳文)

環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定

前文

この協定の締約国は、

2016年2月4日にオークランドで作成された環太平洋パートナーシップ協定(以下「TPP」という。)の前文に規定する事項を再確認すること、

この協定を通じてもたらされるTPPの利益並びにTPP及びこの協定の戦略上及び経済上の意義を迅速に実現すること、

開放された市場を維持し、世界貿易を増大し、並びにあらゆる所得及び経済的背景の人々に新たな経済的機会を創出することに寄与すること、

締約国間の一層の地域的な経済統合及び協力を促進すること、

地域における貿易の自由化及び投資の促進のための機会を増大させること、

企業の社会的責任、文化的な同一性及び多様性、環境の保護及び保全、性の平等、先住民の権利、労働者の権利、包摂的な貿易、持続可能な開発並びに伝統的な知識を促進することの重要性並びに公共の利益のために締約国が規制を行う権利を有することの重要性を再確認すること並びに

他の国又は独立の関税地域のこの協定への加入を歓迎することを決意して、 次のとおり協定した。

第一条 環太平洋パートナーシップ協定の組込み

1 締約国は、2016年2月4日にオークランドで作成された環太平洋パートナーシップ協定(TPP)(第三十・四条(加入)、第三十・五条(効力発生)、第三十・六条(脱退)及び第三十・八条(正文)を除く。)の規定が、この協定の規定に従い、必要な変更を加えた上で、この協定に組み込まれ、この協定の一部を成すことをここに合意する(注)。

注この協定の規定は、この協定の非締約国に対していかなる権利も与えるものではない。

2 この協定の適用上、TPPにおける署名の日については、この協定の署名の日を意味するものとする。

3 TPPが効力を有する場合において、この協定とTPPとが抵触するときは、その抵触の限りにおいて、この協定が優先する。

第二条 特定の規定の適用の停止

締約国は、この協定の効力発生の日に、この協定の附属書に掲げる規定の適用を停止する。締約国は、これらの規定のうち一又は二以上の規定の適用の停止を終了させることに締約国が合意する時まで、当該規定の適用を停止する(注)。

注適用の停止を終了させるための締約国によるいかなる合意も、一の締約国の関係する国内法上の手続の完了後にのみ、当該締約国について適用する。

第三条 効力発生

1この協定は、この協定の署名国のうち少なくとも六又は少なくとも半数のいずれか少ない方の国がそれぞれの関係する国内法上の手続を完了した旨を書面により寄託者に通報した日の後六十日で効力を生ずる。

2この協定は、1の規定に従ってこの協定が自国について効力を生じていないこの協定の署名国については、当該署名国が自国の関係する国内法上の手続を完了した旨を書面により寄託者に通報した日の後60日で効力を生ずる。

第四条 脱退

1 締約国は、書面により寄託者に対して脱退の通告を行うことにより、この協定から脱退することができる。脱退する締約国は、同時に、TPP第二十七・五条(連絡部局)の規定に従って指定される総合的な連絡部局を通じて、他の締約国に対して自国の脱退を通報する。

2 脱退は、締約国が異なる期間について合意する場合を除くほか、いずれかの締約国が1の規定に従って書面により寄託者に対して通告を行った後六箇月で効力を生ずる。この協定は、いずれかの締約国が脱退する場合には、残余の締約国について引き続き効力を有する。

第五条 加入

国又は独立の関税地域は、この協定の効力発生の日の後、締約国と当該国又は独立の関税地域との間で合意する条件に従ってこの協定に加入することができる。

第六条 環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定の見直し

締約国は、TPP第二十七・二条(委員会の任務)の規定を適用するほか、TPPの効力発生が差し迫っている場合又はTPPが効力を生ずる見込みがない場合には、いずれかの締約国の要請に応じ、この協定の改正及び関係する事項を検討するため、この協定の運用を見直す。

第七条 正文

この協定は、英語、スペイン語及びフランス語をひとしく正文とする。これらの本文の間に相違がある場合には、英語の本文による。

以上の証拠として、下名は、各自の政府から正当に委任を受けてこの協定に署名した。

2018年3月8日にサンティアゴで、英語、フランス語及びスペイン語により作成した。

Text of the Agreement(TPP11協定(英文))

COMPREHENSIVE AND PROGRESSIVE AGREEMENT FOR TRANS-PACIFIC PARTNERSHIP

PREAMBLE

The Parties to this Agreement, resolving to :

REAFFIRM the matters embodied in the preamble to the Trans-Pacific Partnership Agreement, done at Auckland on 4 February 2016 (hereinafter referred to as “the TPP”);

REALISE expeditiously the benefits of the TPP through this Agreement and their strategic and economic significance;

CONTRIBUTE to maintaining open markets, increasing world trade, and creating new economic opportunities for people of all incomes and economic backgrounds;

PROMOTE further regional economic integration and cooperation between them;

ENHANCE opportunities for the acceleration of regional trade liberalisation and investment;

REAFFIRM the importance of promoting corporate social responsibility, cultural identity and diversity, environmental protection and conservation, gender equality, indigenous rights, labour rights, inclusive trade, sustainable development and traditional knowledge, as well as the importance of preserving their right to regulate in the public interest; and

WELCOME the accession of other States or separate customs territories to this Agreement,

HAVE AGREED as follows :

Article 1 : Incorporation of the Trans-Pacific Partnership Agreement

1. The Parties hereby agree that, under the terms of this Agreement, the provisions of the Trans-Pacific Partnership Agreement, done at Auckland on 4 February 2016 (“the TPP”) are incorporated, by reference, into and made part of this Agreement mutatis mutandis, except for Article 30.4 (Accession), Article 30.5 (Entry into Force), Article 30.6 (Withdrawal) and Article 30.8 (Authentic Texts).1

1. For greater certainty, nothing in this Agreement shall provide any rights to any non-Party to this Agreement.

2. For the purposes of this Agreement, references to the date of signature in the TPP shall mean the date of signature of this Agreement.

3. In the event of any inconsistency between this Agreement and the TPP, when the latter is in force, this Agreement shall prevail to the extent of the inconsistency.

Article 2 : Suspension of the Application of Certain Provisions

Upon the date of entry into force of this Agreement, the Parties shall suspend the application of the provisions set out in the Annex to this Agreement, until the Parties agree to end suspension of one or more of these provisions.2

2. For greater certainty, any agreement by the Parties to end a suspension shall only apply to a Party upon the completion of that Party’s applicable legal procedures.

Article 3 : Entry into Force

1. This Agreement shall enter into force 60 days after the date on which at least six or at least 50 per cent of the number of signatories to this Agreement, whichever is smaller, have notified the Depositary in writing of the completion of their applicable legal procedures.

2. For any signatory to this Agreement for which this Agreement has not entered into force under paragraph 1, this Agreement shall enter into force 60 days after the date on which that signatory has notified the Depositary in writing of the completion of its applicable legal procedures.

Article 4 : Withdrawal

1. Any Party may withdraw from this Agreement by providing written notice of withdrawal to the Depositary. A withdrawing Party shall simultaneously notify the other Parties of its withdrawal through the overall contact points designated under Article 27.5 (Contact Points) of the TPP.

2. A withdrawal shall take effect six months after a Party provides written notice to the Depositary under paragraph 1, unless the Parties agree on a different period. If a Party withdraws, this Agreement shall remain in force for the remaining Parties.

Article 5 : Accession

After the date of entry into force of this Agreement, any State or separate customs territory may accede to this Agreement, subject to such terms and conditions as may be agreed between the Parties and that State or separate customs territory.

Article 6 : Review of the Comprehensive and Progressive Agreement for Trans-Pacific Partnership

Further to Article 27.2 (Functions of the Commission) of the TPP, if the entry into force of the TPP is imminent or if the TPP is unlikely to enter into force, the Parties shall, on request of a Party, review the operation of this Agreement so as to consider any amendment to this Agreement and any related matters.

Article 7 : Authentic Texts

The English, Spanish and French texts of this Agreement are equally authentic. In the event of any divergence between those texts, the English text shall prevail.

In witness whereof the undersigned, being duly authorised by their respective Governments, have signed this Agreement.

DONE at Santiago the eighth day of March, two thousand and eighteen, in the English, French and Spanish languages.

参照

トップページ > 各種本部・会議等の活動情報 > TPP等政府対策本部 > 環太平洋パートナーシップ(TPP) > 協定の主な内容 > TPP11について

https://www.cas.go.jp/jp/tpp/tppinfo/kyotei/tpp11/index.html

 

-ビジネス全般

© 2021 Real-World Data/Evidence website