医療経済 臨床試験

アルツハイマー型認知症の新規治療薬に対するFDA承認―Aduhelm(アデュカヌマブ)

2021年6月8日

FDA’s Decision to Approve New Treatment for Alzheimer’s Disease

2021年6月7日、FDAはAduhelm(アデュカヌマブ、aducanumab)をアルツハイマー型認知症の治療薬として、Accelerated Approval pathwayで承認しました。

この承認は様々な面から重要な意味を持ちます。

Aduhelmは2003年以来、アルツハイマー病に対して承認された初の新規治療薬です。そしてさらに重要なことに、Aduhelmは、アルツハイマー病の根底にある病態生理、すなわち脳内のアミロイドベータプラークの存在に向けられた最初の治療薬となります。

Aduhelmの臨床試験は、これらのプラーク(アルツハイマー病患者の脳における特徴的な所見)の減少が、この深刻な認知症の病型の臨床的な悪化の減少につながることが期待されることを初めて明らかにしました。

江藤先生
18年ぶりのアルツハイマー型認知症に対する治療薬ってことね。18年。長いわね。
佐藤さん
これまでの経緯も振り返りつつ全体像を見るにはチクチクさんの記事がオススメです

アデュカヌマブ承認に医薬品業界が沸いているのはなぜ?【アデュカヌマブの歴史】

鈴木くん
認知症を含むCNS領域のアンメットメディカルニーズについてさらに俯瞰してみたい際にはざつさんのnoteで勉強してみましょう!
CNS領域のアンメットメディカルニーズ アルツハイマー病

私たちは、この承認の周りの関心をよく認識している。私たちは、Aduhelmがメディア、アルツハイマー病患者コミュニティ、私たちの選出議員、その他の利害関係者の注目を集めていることを理解している。重篤で生命を脅かす疾患に対する治療がバランスを取っていることから、非常に多くの人々がこの審査の結果に従っていたことは理に適っている。さらに、申請資料に含まれたデータは極めて複雑であり、臨床的ベネフィットに関しては不明な点が残されていた。Aduhelmを承認すべきかどうかについては、かなりの公開討論があった。科学データの解釈に関してはよくあることだが、専門家コミュニティは異なる視点を提供してきた。

最後に、データが単純でない状況で規制当局の決定を行う際は、通常の行動方針に従った。臨床試験の所見を詳細に検討し、末梢神経系及び中枢神経系薬剤諮問委員会から意見を求め、患者コミュニティの見解に耳を傾け、全ての関連データをレビューした。私たちは最終的に、アンメットニーズが存在し、臨床的ベネフィットが期待されるものの、そのベネフィットに関するいくつかの不確実性が残っている重篤な疾患の患者さんのために、潜在的に価値のある治療への早期アクセスを提供することを目的としたパスである、迅速承認パスウェイを使用することを決定した。当局は、申請が迅速承認の要件を満たしていると判断する際に、アルツハイマー病患者に対するAduhelmのベネフィットが治療のリスクを上回ると結論付けた。

データが示すもの

Aduhelmの後期開発プログラムは2つの第3相臨床試験で構成された。1試験で主要評価項目が達成され、臨床的低下の軽減が示された。2つ目の試験では主要評価項目を達成しなかったが、評価したすべての試験で、Aduhelmは用量及び時間依存的に脳内のアミロイドプラークの量を一貫して極めて説得力のある方法で減少させた。アミロイドプラークの減少は臨床的低下の軽減につながることが期待される。

2020年11月に開催された末梢神経系及び中枢神経系の薬剤諮問委員会は、臨床試験データを審査し、Aduhelm申請を支持するエビデンスを議論したが、一つの試験が成功したことの臨床的ベネフィットを承認を支持する主要なエビデンスとみなすことが妥当であるとの見解に同意しなかったことを承知している。迅速承認の選択肢はAdvisory Committeeで検討されなかった。上述のとおり、すべての試験において、Aduhelmの投与によりアミロイドβ斑が大幅に減少することが明らかに示された。このようなプラークの減少は臨床的に有益である可能性が高い。Advisory Committeeからのフィードバックを受けて、審査・審議が継続され、Aduhelm申請で提示されたエビデンスがAccelerated Approvalの基準を満たしていると判断した。データの独立した審査と貴重な助言をいただいた諮問委員会に感謝したい。

Accelerated Approval

FDAは、重篤な疾患を治療し、満たされていない医療ニーズを満たす薬剤の早期承認を可能にするため、迅速承認プログラムを開始した。承認は代替又は中間の臨床評価項目(この場合、脳内のアミロイドプラークの減少)に基づく。代替エンドポイントとは、臨床的ベネフィットを予測すると考えられるが、それ自体は臨床的ベネフィットの指標ではない臨床検査値、X線画像、身体的徴候又はその他の指標などのマーカーである。代替エンドポイントを用いることで、FDAの承認を得るまでの期間を大幅に短縮することができる。

製薬企業は、予想される臨床的利益を検証するために承認後試験を実施する必要がある。これらの試験は第4相検証試験として知られている。検証的試験で予想される薬剤の臨床的ベネフィットが検証されない場合、FDAはその薬剤の市場からの撤退につながる可能性がある規制手順を整備している。

The Devastation of Alzheimer’s Disease

これらのことから、患者さんが時間の経過とともに記憶や認知機能を失っていく中で、アルツハイマー病が引き起こしている段階的かつ累積的な打撃については、私たちも非常に認識している。病気の後期になると、会話ができなくなったり、周囲の状況に反応できなくなったりする。アルツハイマー病患者の平均余命は診断後4~8年だが、20年生存する患者もいる。

治療の必要性は喫緊であり、現在600万人を超える米国人がアルツハイマー病に罹患しており、この数は人口の高齢化に伴い増加すると予想されている。アルツハイマー病は米国では死亡原因の第6位を占めている。

Aduhelmのデータはその臨床的ベネフィットに関して複雑であるが、FDAは、Aduhelmが脳内のアミロイドベータプラークを減少させるという実質的なエビデンスがあり、これらのプラークの減少が患者に対する重要なベネフィットを予測する合理的な可能性があると判断した。FDAがAduhelmを承認した結果、アルツハイマー病の患者さんは、アルツハイマー病と闘うための重要かつ重要な新しい治療法を手に入れたことになる。

Aduhelmが市場に到着し、患者のもとに届いたことを受け、FDAは、Aduhelmを引き続き監視する。また、FDAはバイオジェンに対して、承認後に臨床試験を実施し、本剤の臨床的有用性を検証するよう求めている。薬が意図したとおりに作用しない場合は、市場から排除するための措置を取ることができ、臨床試験でさらなるベネフィットのエビデンスが得られ、より多くの患者さんがAduhelmの投与を受けることができるようになることを期待している。規制当局として、私たちはこのcatastrophicな疾患に対する医薬品開発の促進にも引き続き取り組んでいく。

参照

https://www.fda.gov/drugs/news-events-human-drugs/fdas-decision-approve-new-treatment-alzheimers-disease

-医療経済, 臨床試験

© 2021 Real-World Data/Evidence website