Rの始め方「まずはRStudioをインストール」

RStudioとは

RStudioは、Rをより使いやすくするための統合開発環境(IDE)です。

R単体だとデータ管理が煩雑だったり、ユーザーインターフェースが見づらかったりするのを、RStudioが使いやすく整えてくれます。

なお、RStudioはいわば「外側」「カバー」のようなものなので、「中身」にあたるのがRですね。

RStdudioをインストールしてみよう

RStudioのインストールファイルは、次のサイトからダウンロードできます。

https://www.rstudio.com/products/rstudio/download/#download

始めてRやRStdudioを使う方は、RStudio Desktop (Free) から始めるのがいいでしょう。

インストーラーを起動したら、「次へ」と「インストール」ボタンだけを押します。他の設定を変更することは推奨しません。

RStudioのインストールが完了すれば、RStudio経由でRを操作できるようになっています。

通常のソフトウェアアプリケーションと同様に、RStudioを起動しましょう。

RStudioを電卓代わりに使ってみよう

Rには余計なものがついていないので、起動が速く、動作も軽く感じるでしょう。

どこに何を入力すればよいか、最初は戸惑うかもしれません。

RStudioでは、上図の赤枠の部分に入力して操作することがほとんどです。

まずは、赤枠の部分にカーソルを持ってきて入力準備をしましょう。

Wordで文字入力するのと同じ感覚です。

と表示されているところに、例えば「1+1」と入力してエンターキーを押してみます。

>1+1

となっているときにエンターキーです。

すると

[1] 2

と表示されます。

画面上の表示は下図のようになります。

1+1 というインプットに対して、2 というアウトプットが掃き出された状態ですね。

その他にも

四則演算や累乗、平方根などもできますので、電卓気分で色々入力して遊んでみましょう。

いきなり複雑な解析用に使うよりも、RStudioというツール自体に慣れることから始めた方が、その後の成長が早い傾向にあります。

まずは道具に慣れることから始めましょう。

参照

Rの始め方「まずはRStudioをインストール」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る