臨床試験

モルヌピラビル

モルヌピラビル(EIDD-2801/MK-4482)

概要

  • COVID-19 の原因物質であるSARS-CoV2 を含む複数の RNA ウイルスの複製を阻害する
  • リボヌクレオシドアナログ
  • 経口投与可能

エビデンス

  • SARS-CoV-2 のいくつかのモデルにおいて,SARS-CoV-1 や MERS と同様に,予防,治療,感染防止に有効であることが示されている。

開発企業

EIDD-2801 は、Drug Innovations at Emory (DRIVE), LLC で発明された。米国政府から一部資金援助を受けている。

  • DRIVE, LCC:Emory 大学が全額出資する非営利のバイオテクノロジー企業

Ridgeback 社 によってライセンス供与されて以降、EIDD-2801 の開発費用は、Wayne 社、Wendy Holman社、Merck 社 によって提供されてきた。

臨床試験

MOVe-OUT 試験の第 3 相部分(パート 2)

モルヌピラビルが入院や死亡のリスクを軽減する可能性を評価

MOVe-OUT による好ましい結果が得られれば、モルヌピラビルの緊急使用許可の申請は、最短で 2021 年後半になる予定。

参照

htpps://merckcovidresearch.com/

-臨床試験

© 2021 Real-World Data/Evidence website