エビデンス全般 公衆衛生学 医療経済 規制

医療用医薬品の安定確保策 2021年版

安定確保医薬品って何?

安定確保医薬品を明確に「こうだ」と定めたものは見つかりませんでしたが、大まかには次に示すもののようです。

  • 汎用され安定確保に特に配慮が必要な医薬品
  • 日本医学会傘下の主たる学会の各専門領域において、医療上必要不可欠であって、汎用され安定確保が求められる医薬品
  • 安定確保会議において、各学会から検討対象として提案され、選定された医薬品

令和3年3月26日の医療用医薬品の安定確保策に関する関係者会議(第5回)では、安定確保医薬品として、以下の、506 成分(内用薬:216 成分、注射薬:244 成分、外用薬:46 成分)が提案されました。

のちに示すリスト内で、かっこ内に顆粒・内容液・徐放カプセルなどの剤形や品目名が記載されている場合には、記載されているものが対象となります。

医療用医薬品の安定確保に関する関係者会議ワーキンググループ設置要綱(令和2年11月2日)

1.医療用医薬品の安定確保に関する関係者会議ワーキンググループ設置の趣旨

医療上必要不可欠であって、汎用され、安定確保が求められる医薬品は、原因の如何を問わず、供給が停止されることは、医療の提供に支障を来たす恐れがある。実際に、一部の抗菌薬について医療の円滑な提供に深刻な影響を及ぼす事案が発生したことを受け、厚生労働省医政局長の意見聴取の場として、医療用医薬品の安定確保策に関する関係者会議(以下、「安定確保会議」という。)が令和2年3月に設置され、必要とされる医療用医薬品の安定確保策について、4回にわたり議論を行い令和2年9月に取りまとめられた。

安定確保会議においては、汎用され安定確保に特に配慮が必要な医薬品として、日本医学会傘下の主たる学会の各専門領域において、医療上必要不可欠であって、汎用され安定確保が求められる医薬品として、58 学会から、551 品目(成分) が検討対象として提案された 。また、安定確保会議のとりまとめでは、「安定確保医薬品の選定及びカテゴリの設定等に当たっては、今後、関係者会議の下に医学薬学の専門家等で構成される作業会合を設置し、令和2年度末を目途に個別の品目の選定を行うこととする。」とされていることから、安定確保医薬品のカテゴリ設定等を実施するために、安定確保会議の下にワーキンググループ(以下、「ワーキングループ」という。)を設置することとする。

2.検討事項

(1) 安定確保医薬品の選定及びカテゴリ設定等の考え方の整理

(2) 上記(1)に基づく安定確保医薬品のカテゴリ分類

(3) その他必要な事項

3.運営

ワーキンググループの庶務は、厚生労働省医政局経済課が行う。

4.その他

(1) ワーキンググループの構成員は、安定確保会議座長が構成員から指名する。

(2) ワーキンググループの検討に当たっては、個別企業・品目の機微な情報が取り扱われる可能性があることから非公開とする。なお、議事概要は公表する。

(3) ワーキンググループの検討結果は安定確保会議に報告することとする。

安定確保医薬品及びカテゴリ設定

(1)最も優先して取組を行う安定確保医薬品(カテゴリA):21成分

  1. 内 333 ワルファリンカリウム
  2. 内 399 シクロスポリン
  3. 内 399 タクロリムス水和物
  4. 注 111 プロポフォール
  5. 注 112 ミダゾラム
  6. 注 122 ロクロニウム臭化物
  7. 注 211 ドパミン塩酸塩
  8. 注 219 アルガトロバン水和物
  9. 注 221 フルマゼニル
  10. 注 245 アドレナリン
  11. 注 245 ノルアドレナリン
  12. 注 392 スガマデクスナトリウム
  13. 注 422 メトトレキサート
  14. 注 611 バンコマイシン塩酸塩
  15. 注 613 アンピシリンナトリウム・スルバクタムナトリウム
  16. 注 613 セファゾリンナトリウム(セファゾリンナトリウム水和物含む)
  17. 注 613 セフメタゾールナトリウム
  18. 注 613 タゾバクタムナトリウム・ピペラシリンナトリウム
  19. 注 613 メロペネム水和物
  20. 外 114 アセトアミノフェン(坐剤)
  21. 外 332 トロンビン

(2)優先して取組を行う安定確保医薬品(カテゴリB):29成分

  1. 内 213 トルバプタン
  2. 内 231 ポリカルボフィルカルシウム
  3. 内 245 フルドロコルチゾン酢酸エステル
  4. 内 333 ダビガトランエテキシラートメタンスルホン酸塩
  5. 内 399 エベロリムス
  6. 内 399 ヒドロキシクロロキン硫酸塩
  7. 内 422 ヒドロキシカルバミド
  8. 内 429 エベロリムス
  9. 内 429 オラパリブ
  10. 内 429 パゾパニブ塩酸塩
  11. 注 121 ロピバカイン塩酸塩
  12. 注 219 アルプロスタジル
  13. 注 395 ウロキナーゼ
  14. 注 399 ベリムマブ(遺伝子組換え)
  15. 注 421 テモゾロミド
  16. 注 421 ブスルファン
  17. 注 422 フルダラビンリン酸エステル
  18. 注 429 L-アスパラギナーゼ
  19. 注 429 イットリウム(90Y)イブリツモマブ チウキセタン(遺伝子組換え)
  20. 注 429 ダラツムマブ(遺伝子組換え)
  21. 注 429 トラスツズマブ エムタンシン(遺伝子組換え)
  22. 注 429 塩化ラジウム(223Ra)
  23. 注 613 セフトリアキソンナトリウム
  24. 注 617 アムホテリシン B
  25. 注 622 イソニアジド
  26. 注 639 抗ヒト胸腺細胞ウサギ免疫グロブリン
  27. 外 112 ジアゼパム(坐剤)
  28. 外 112 抱水クロラール(坐剤)
  29. 外 639 乾燥 BCG 膀胱内用(日本株)

(3)安定確保医薬品(カテゴリC):456成分

  1. 内 112 臭化カリウム
  2. 内 112 ゾルピデム
  3. 内 112 ニトラゼパム
  4. 内 112 フェノバルビタール
  5. 内 112 ロラゼパム
  6. 内 113 アセチルフェネトライド
  7. 内 113 エトクスシミド
  8. 内 113 エトトイン
  9. 内 113 ガバペンチン
  10. 内 113 カルバマゼピン
  11. 内 113 クロナゼパム
  12. 内 113 クロバザム
  13. 内 113 スチリペントール
  14. 内 113 スルチアム
  15. 内 113 ゾニサミド
  16. 内 113 トピラマート
  17. 内 113 トリメタジオン
  18. 内 113 バルプロ酸ナトリウム
  19. 内 113 ビガバトリン
  20. 内 113 フェニトイン
  21. 内 113 プリミドン
  22. 内 113 ペランパネル水和物
  23. 内 113 ラコサミド
  24. 内 113 ラモトリギン
  25. 内 113 ルフィナミド
  26. 内 113 レベチラセタム
  27. 内 114 アスピリン
  28. 内 114 アセトアミノフェン
  29. 内 114 ブコローム
  30. 内 114 ロキソプロフェンナトリウム
  31. 内 116 カベルゴリン
  32. 内 116 レボドパ
  33. 内 117 アリピプラゾール
  34. 内 117 エスシタロプラム
  35. 内 117 グアンファシン塩酸塩
  36. 内 117 クエチアピンフマル酸塩
  37. 内 117 デュロキセチン
  38. 内 117 ミルタザピン
  39. 内 117 メチルフェニデート塩酸塩(コンサータ錠)
  40. 内 117 リスペリドン
  41. 内 117 炭酸リチウム
  42. 内 119 プレガバリン
  43. 内 121 ラメルテオン
  44. 内 124 ブチルスコポラミン臭化物
  45. 内 211 ジゴキシン
  46. 内 212 プロプラノロール塩酸塩
  47. 内 213 イソソルビド
  48. 内 213 スピロノラクトン
  49. 内 213 トリクロルメチアジド
  50. 内 213 フロセミド
  51. 内 214 エナラプリル
  52. 内 214 エプレレノン
  53. 内 214 オルメサルタン
  54. 内 214 カルベジロール
  55. 内 214 カンデサルタン
  56. 内 214 ドキサゾシン
  57. 内 214 メチルドパ
  58. 内 216 コハク酸スマトリプタン
  59. 内 217 アムロジピン
  60. 内 217 ジルチアゼム塩酸塩(徐放カプセル)
  61. 内 217 ニフェジピン CR 錠、徐放錠
  62. 内 217 ベラパミル
  63. 内 218 コレスチミド
  64. 内 219 クエン酸第二鉄
  65. 内 219 シルデナフィルクエン酸塩(ドライシロップ)
  66. 内 219 スクロオキシ水酸化鉄
  67. 内 219 炭酸ランタン
  68. 内 219 沈降炭酸カルシウム
  69. 内 339 ベラプロストナトリウム
  70. 内 219 ポリスチレンスルホン酸カルシウム
  71. 内 231 ロペラミド塩酸塩
  72. 内 231 酪酸菌
  73. 内 232 ボノプラザンフマル酸塩
  74. 内 234 炭酸水素ナトリウム
  75. 内 236 ウルソデオキシコール酸
  76. 内 239 メサラジン
  77. 内 241 デスモプレシン酢酸塩
  78. 内 243 チアマゾール
  79. 内 243 プロピルチオウラシル
  80. 内 243 リオチロニンナトリウム
  81. 内 243 レボチロキシンナトリウム
  82. 内 245 デキサメタゾン
  83. 内 245 ヒドロコルチゾン
  84. 内 245 プレドニゾロン
  85. 内 247 エストラジオール
  86. 内 247 クロルマジノン酢酸エステル
  87. 内 247 ジドロゲステロン
  88. 内 247 メドロキシプロゲステロン酢酸エステル
  89. 内 247 結合型エストロゲン
  90. 内 248 ドロスピレノン・エチニルエストラジオールベータデクス
  91. 内 248 ノルエチステロン・エチニルエストラジオール
  92. 内 248 ノルゲストレル・エチニルエストラジオール
  93. 内 248 レボノルゲストレル・エチニルエストラジオール
  94. 内 249 クロミフェンクエン酸
  95. 内 249 ジエノゲスト
  96. 内 249 レルゴリクス
  97. 内 251 ミトタン
  98. 内 259 コハク酸ソリフェナシン
  99. 内 259 シロドシン
  100. 内 259 ミラベグロン
  101. 内 269 ジアフェニルスルホン
  102. 内 290 プロプラノロール塩酸塩
  103. 内 311 アルファカルシドール
  104. 内 311 エルデカルシトール
  105. 内 311 カルシトリオール
  106. 内 315 トコフェロール酢酸エステル(顆粒)
  107. 内 316 メナテトレノン
  108. 内 321 乳酸カルシウム
  109. 内 322 塩化カリウム
  110. 内 322 ヨウ化カリウム
  111. 内 322 リン酸二水素ナトリウム一水和物・無水リン酸水素二ナトリウム
  112. 内 322 溶性ピロリン酸第二鉄
  113. 内 325 イソロイシン・ロイシン・バリン
  114. 内 325 エレンタール P 乳幼児用配合内用剤
  115. 内 333 アピキサバン
  116. 内 333 エドキサバントシル酸塩
  117. 内 333 リバーロキサバン
  118. 内 339 アスピリン
  119. 内 339 クロピドグレル硫酸塩
  120. 内 339 サルポグレラート塩酸塩
  121. 内 399 ジアゾキシド
  122. 内 339 シロスタゾール
  123. 内 339 プラスグレル塩酸塩
  124. 内 392 球形吸着炭
  125. 内 392 酢酸亜鉛水和物
  126. 内 394 アロプリノール
  127. 内 394 クエン酸カリウム・クエン酸ナトリウム
  128. 内 396 イプラグリフロジン L-プロリン
  129. 内 396 グリメピリド
  130. 内 396 シタグリプチン
  131. 内 396 メトホルミン塩酸塩
  132. 内 399 アザチオプリン
  133. 内 399 アレンドロン酸ナトリウム
  134. 内 399 エボカルセト
  135. 内 399 エルトロンボパグ オラミン
  136. 内 399 シナカルセト
  137. 内 399 バリシチニブ
  138. 内 399 フィンゴリモド塩酸塩
  139. 内 399 ミコフェノール酸 モフェチル
  140. 内 399 ミゾリビン
  141. 内 399 ミノドロン酸
  142. 内 399 メトトレキサート
  143. 内 399 ラロキシフェン塩酸塩
  144. 内 399 レボカルニチン(内用液)
  145. 内 421 シクロホスファミド
  146. 内 422 テガフール・ウラシル
  147. 内 422 テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合剤(TS-1)
  148. 内 422 メトトレキサート
  149. 内 422 メルカプトプリン水和物
  150. 内 424 エトポシド
  151. 内 429 アナストロゾール
  152. 内 429 アビラテロン酢酸エステル
  153. 内 429 イマチニブメシル酸塩
  154. 内 429 エンザルタミド
  155. 内 429 スニチニブリンゴ酸塩
  156. 内 429 ダサチニブ
  157. 内 429 タモキシフェンクエン酸塩
  158. 内 429 トレチノイン
  159. 内 429 パルボシクリブ
  160. 内 429 ビカルタミド
  161. 内 429 レトロゾール
  162. 内 429 レナリドミド水和物
  163. 内 430 ヨウ化ナトリウム(131I)
  164. 内 449 オロパタジン塩酸塩
  165. 内 449 フェキソフェナジン塩酸塩
  166. 内 449 モンテルカストナトリウム
  167. 内 449 レボセチリジン塩酸塩
  168. 内 520 茵蔯蒿湯エキス
  169. 内 613 アモキシシリン
  170. 内 613 アモキシシリン・クラブラン酸カリウム(ドライシロップ)
  171. 内 613 セファクロル
  172. 内 613 セファレキシン
  173. 内 613 セフジトレン ピポキシル
  174. 内 613 テビペネム ピボキシル
  175. 内 613 ファロペネムナトリウム
  176. 内 614 アジスロマイシン
  177. 内 614 クラリスロマイシン
  178. 内 615 ミノサイクリン塩酸塩
  179. 内 616 リファンピシン
  180. 内 617 アムホテリシン B
  181. 内 617 ボリコナゾール
  182. 内 621 サラゾスルファピリジン
  183. 内 622 イソニアジド
  184. 内 624 シプロフロキサシン
  185. 内 624 リネゾリド
  186. 内 624 レボフロキサシン
  187. 内 625 アシクロビル
  188. 内 625 エンテカビル
  189. 内 625 オセルタミビル
  190. 内 625 グレカプレビル・ピブレンタスビル
  191. 内 625 ソホスブビル・ベルパタスビル
  192. 内 625 テノホビル アラフェナミドフマル酸塩
  193. 内 625 バラシクロビル
  194. 内 629 アトバコン
  195. 内 629 イトラコナゾール
  196. 内 629 スルファメトキサゾール・トリメトプリム
  197. 内 629 フルコナゾール
  198. 内 641 メトロニダゾール
  199. 内 721 アミドトリゾ酸ナトリウムメグルミン
  200. 内 722 メチラポン
  201. 内 799 ナトリウム・カリウム・アスコルビン酸
  202. 内 811 オキシコドン塩酸塩(速放製剤)
  203. 内 811 ヒドロモルフォン塩酸塩(徐放製剤)
  204. 注 111 ケタミン塩酸塩
  205. 注 111 チアミラールナトリウム
  206. 注 112 ジアゼパム
  207. 注 112 デクスメデトミジン塩酸塩
  208. 注 113 フェニトインナトリウム
  209. 注 113 フェノバルビタールナトリウム
  210. 注 113 ホスフェニトインナトリウム水和物
  211. 注 113 ミダゾラム
  212. 注 113 レベチラセタム
  213. 注 113 ロラゼパム
  214. 注 114 アセトアミノフェン
  215. 注 117 ハロペリドール
  216. 注 119 エダラボン
  217. 注 121 塩酸レボブピバカイン
  218. 注 121 ブピバカイン塩酸塩
  219. 注 121 リドカイン
  220. 注 122 スキサメトニウム塩化物水和物
  221. 注 124 アトロピン硫酸塩
  222. 注 124 ブチルスコポラミン臭化物
  223. 注 124 マグネシウム
  224. 注 131 アフリベルセプト(遺伝子組換え)
  225. 注 211 アミノフィリン水和物
  226. 注 211 オルプリノン塩酸塩水和物
  227. 注 211 ジゴキシン
  228. 注 211 ドブタミン塩酸塩
  229. 注 211 ミルリノン
  230. 注 211 無水カフェイン
  231. 注 212 アミオダロン塩酸塩
  232. 注 212 シベンゾリン
  233. 注 212 ピルシカイニド塩酸塩水和物
  234. 注 212 ランジオロール塩酸塩
  235. 注 213 フロセミド
  236. 注 214 ニカルジピン塩酸塩
  237. 注 217 ニコランジル
  238. 注 217 ニトログリセリン注射液
  239. 注 217 硝酸イソソルビド
  240. 注 218 エボロクマブ
  241. 注 219 D-マンニトール
  242. 注 219 アルプロスタジルアルファデクス
  243. 注 219 イブプロフェン L-リシン
  244. 注 219 インドメタシンナトリウム水和物
  245. 注 219 エポプロステノールナトリウム
  246. 注 219 ファスジル塩酸塩水和物
  247. 注 219 濃グリセリン・果糖
  248. 注 221 ドキサプラム塩酸塩水和物
  249. 注 221 ナロキソン塩酸塩
  250. 注 229 オマリズマブ(遺伝子組換え)
  251. 注 232 オメプラゾールナトリウム
  252. 注 236 デヒドロコール酸
  253. 注 239 インフリキシマブ(遺伝子組換え)
  254. 注 241 オキシトシン注射液
  255. 注 241 テトラコサクチド酢酸塩
  256. 注 241 バソプレシン
  257. 注 241 ヒト下垂体性腺刺激ホルモン
  258. 注 241 ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン
  259. 注 241 ホリトロピン アルファ(遺伝子組換え)
  260. 注 243 テリパラチド(遺伝子組換え)及びテリパラチド酢酸塩
  261. 注 245 デキサメタゾンリン酸エステルナトリウム
  262. 注 245 ヒドロコルチゾンコハク酸エステルナトリウム
  263. 注 245 プレドニゾロンコハク酸エステルナトリウム
  264. 注 245 メチルプレドニゾロンコハク酸エステルナトリウム
  265. 注 246 テストステロンエナント酸エステル
  266. 注 249 インスリン アスパルト(遺伝子組換え)
  267. 注 249 インスリン グラルギン(遺伝子組換え)
  268. 注 249 インスリン デクルデク(遺伝子組換え)
  269. 注 249 インスリン デテミル(遺伝子組換え)
  270. 注 249 インスリン ヒト(遺伝子組換え)
  271. 注 249 インスリン リスプロ(遺伝子組換え)
  272. 注 249 オクトレオチド酢酸塩
  273. 注 249 ゴセレリン酢酸塩
  274. 注 249 ジノプロスト注射液
  275. 注 249 ランレオチド酢酸塩
  276. 注 249 デガレリクス酢酸塩
  277. 注 249 デュラグルチド(遺伝子組換え)
  278. 注 249 リュープロレリン酢酸塩
  279. 注 253 メチルエルゴメトリンマレイン酸塩注
  280. 注 255 硫酸アルミニウムカリウム・タンニン酸
  281. 注 259 リトドリン塩酸塩点滴静注液
  282. 注 311 カルシトリオール
  283. 注 311 マキサカルシトリオール
  284. 注 316 フィトナジオン
  285. 注 316 メナテトレノン
  286. 注 321 グルコン酸カルシウム
  287. 注 322 亜セレン酸ナトリウム
  288. 注 322 塩化カリウム
  289. 注 322 塩化マンガン・硫酸亜鉛
  290. 注 323 ブドウ糖液
  291. 注 325 リハビックス
  292. 注 325 プレアミン−P 注射液
  293. 注 329 ダイズ油
  294. 注 331 リン酸水素ナトリウム水和物・リン酸二水素ナトリウム水和物
  295. 注 331 生理食塩液
  296. 注 332 トラネキサム酸
  297. 注 333 エノキサパリンナトリウム注射液
  298. 注 333 ダルテパリンナトリウム
  299. 注 333 トロンボモデュリンアルファ(遺伝子組換え)
  300. 注 332 プロタミン硫酸塩
  301. 注 333 ヘパリンカルシウム
  302. 注 333 ヘパリンナトリウム
  303. 注 332 ポリドカノール
  304. 注 341 透析剤(溶液・粉末)
  305. 注 342 腹膜透析液
  306. 注 392 ホリナートカルシウム
  307. 注 392 炭酸水素ナトリウム
  308. 注 395 アルテプラーゼ(遺伝子組換え)
  309. 注 395 モンテプラーゼ(遺伝子組換え)
  310. 注 399 アダリムマブ(遺伝子組換え)
  311. 注 399 アバタセプト(遺伝子組換え)
  312. 注 399 イバンドロン酸ナトリウム
  313. 注 399 エテルカルセチド塩酸塩
  314. 注 399 エポエチン アルファ(遺伝子組換え)
  315. 注 399 エポエチン ベータ ペゴル(遺伝子組換え)
  316. 注 399 エポエチン ベータ(遺伝子組換え)
  317. 注 399 カナキヌマブ(遺伝子組換え)
  318. 注 399 ガベキサートメシル酸塩
  319. 注 399 グスペリムス塩酸塩
  320. 注 399 サリルマブ(遺伝子組換え)
  321. 注 399 シクロスポリン
  322. 注 399 ゾレドロン
  323. 注 399 ゾレドロン酸
  324. 注 399 タクロリムス水和物
  325. 注 399 ダルベポエチン アルファ(遺伝子組換え)
  326. 注 399 デノスマブ(遺伝子組換え)
  327. 注 399 ナファモスタットメシル酸塩
  328. 注 399 ロミプロスチム(遺伝子組換え)
  329. 注 399 ロモソズマブ(遺伝子組換え)
  330. 注 421 イホスファミド
  331. 注 421 シクロホスファミド
  332. 注 421 ダカルバジン
  333. 注 421 チオテパ
  334. 注 421 メルファラン
  335. 注 422 ゲムシタビン塩酸塩
  336. 注 422 シタラビン
  337. 注 422 フルオロウラシル
  338. 注 423 アクチノマイシン D
  339. 注 423 イダルビシン塩酸塩
  340. 注 423 ダウノルビシン塩酸塩
  341. 注 423 ドキソルビシン塩酸塩
  342. 注 423 ピラルビシン塩酸塩
  343. 注 423 ブレオマイシン塩酸塩
  344. 注 424 イリノテカン塩酸塩
  345. 注 424 エトポシド
  346. 注 424 ドセタキセル(ドセタキセル水和物含む)
  347. 注 424 ノギテカン塩酸塩
  348. 注 424 パクリタキセル
  349. 注 424 ビンクリスチン硫酸塩
  350. 注 424 ビンデシン塩酸塩
  351. 注 424 ビンブラスチン硫酸塩
  352. 注 429 カルボプラチン
  353. 注 429 シスプラチン
  354. 注 429 トラスツズマブ(遺伝子組換え)
  355. 注 429 ニボルマブ(遺伝子組換え)
  356. 注 429 フルベストラント
  357. 注 429 ベバシズマブ(遺伝子組換え)
  358. 注 429 ペルツズマブ(遺伝子組換え)
  359. 注 429 ボルテゾミブ
  360. 注 429 ミトキサントロン塩酸塩
  361. 注 429 リツキシマブ(遺伝子組換え)
  362. 注 429 三酸化二ヒ素
  363. 注 430 N-ピリドキシル-5-メチルトリプトファンテクネチウム(99mTc)
  364. 注 430 イオフルパン(123I)
  365. 注 430 インジウム(111In)イブリツモマブ チウキセタン(遺伝子組換え)
  366. 注 430 インジウム(111In)ペンテトレオチド
  367. 注 430 エチレンジシスティネートオキソテクネチウム(99mTc)
  368. 注 430 ガラクトシル人血清アルブミンジエチレントリアミン五酢酸テクネチウム(99mTc)
  369. 注 430 テトロホスミンテクネチウム(99mTc)
  370. 注 430 ヒドロキシメチレンジホスホン酸テクネチウム(99mTc)
  371. 注 430 へキサキスメトキシイソブチルイソニトリルテクネチウム(99mTc)
  372. 注 430 メタヨードベンジルグアニジン(123I)
  373. 注 430 メチレンジホスホン酸テクネチウム(99mTc)
  374. 注 430 塩化タリウム(201Tl)
  375. 注 430 塩酸 N-イソプロピル-4-ヨードアンフェタミン(123I)
  376. 注 430 過テクネチウム酸ナトリウム(99mTc)ジェネレータ
  377. 注 430 大凝集人血清アルブミン
  378. 注 449 デュピルマブ(遺伝子組換え)
  379. 注 611 クリンダマイシン
  380. 注 611 ベンジルペニシリンカリウム
  381. 注 612 アズトレオナム
  382. 注 612 アミカシン硫酸塩
  383. 注 612 コリスチンメタンスルホン酸ナトリウム
  384. 注 612 スペクチノマイシン塩酸塩
  385. 注 613 アンピシリンナトリウム
  386. 注 613 ゲンタマイシン注射液
  387. 注 613 セフェピム塩酸塩水和物
  388. 注 613 セフォタキシムナトリウム
  389. 注 613 パニペネム・ベタミプロン
  390. 注 614 アジスロマイシン
  391. 注 615 ミノサイクリン塩酸塩
  392. 注 617 ボリコナゾール
  393. 注 617 ミカファンギンナトリウム
  394. 注 624 シプロフロキサシン
  395. 注 624 リネゾリド
  396. 注 624 レボフロキサシン
  397. 注 625 アシクロビル
  398. 注 625 ガンシクロビル
  399. 注 629 イトラコナゾール
  400. 注 629 フルコナゾール
  401. 注 625 ホスカルネットナトリウム
  402. 注 639 エクリズマブ(遺伝子組換え)
  403. 注 639 トシリズマブ(遺伝子組換え)
  404. 注 639 バシリキシマブ(遺伝子組換え)
  405. 注 641 メトロニダゾール
  406. 注 721 アミドトリゾ酸ナトリウムメグルミン
  407. 注 721 イオジキサノール
  408. 注 721 イオヘキソール
  409. 注 729 フルオレセイン
  410. 注 799 塩化ナトリウム・塩化カリウム
  411. 注 799 ミオテクター
  412. 注 811 モルヒネ塩酸塩
  413. 注 821 フェンタニルクエン酸塩
  414. 注 821 ペチジン塩酸塩
  415. 注 124, 259 マグネシウム水和物・ブドウ糖
  416. 外 111 イソフルラン
  417. 外 111 セボフルラン
  418. 外 121 リドカイン(リドカイン塩酸塩含む)
  419. 外 131 アシクロビル
  420. 外 131 オキシグルタチオン
  421. 外 131 ガチフロキサシン
  422. 外 131 トスフロキサシントシル酸塩
  423. 外 131 ピマリシン
  424. 外 131 ポリビニルアルコールヨウ素
  425. 外 131 モキシフロキサシン塩酸塩
  426. 外 131 レボフロキサシン
  427. 外 131 精製ヒアルロン酸ナトリウム
  428. 外 132 オフロキサシン
  429. 外 132 フルチカゾンフランカルボン酸エステル
  430.  外 132 モメタゾンフランカルボン酸エステル水和物
  431. 外 221 肺サーファクタント
  432. 外 225 イプラトロピウム臭化物
  433. 外 225 クロモグリク酸ナトリウム
  434. 外 225 サルブタモール硫酸塩(ベネトリン)
  435. 外 225 チオトロピウム臭化物
  436. 外 225 プロカテロール塩酸塩
  437. 外 229 サルメテロールキシナホ酸塩・フルチカゾンプロピオン酸エステル
  438. 外 229 シクレソニド
  439. 外 229 ブデソニド
  440. 外 229 ブデソニド・ホルモテロールフマル酸塩
  441. 外 229 フルチカゾンプロピオン酸エステル
  442. 外 235 グリセリン(浣腸液)
  443. 外 241 デスモプレシン酢酸塩
  444. 外 247 エストラジオール(エストラーナテープ)
  445. 外 248 エストラジオール・酢酸ノルエチステロン
  446. 外 249 ブセレリン酢酸塩
  447. 外 252 レボノルゲストレル
  448. 外 255 大腸菌死菌・ヒドロコルチゾン
  449. 外 261 消毒用エタノール
  450. 外 264 クロベタゾールプロピオン酸エステル
  451. 外 264 ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステル
  452. 外 269 タクロリムス
  453. 外 712 パラフィン
  454. 外 811 モルヒネ塩酸塩水和物(坐剤)
  455. 外 821 フェンタニルクエン酸塩(テープ)
  456. 外 セフメノキシム(点眼)

-エビデンス全般, 公衆衛生学, 医療経済, 規制

© 2021 Real-World Data/Evidence website